2017年1月29日日曜日

ウイルス性胃腸炎について 〜診療所かわら版2017年12月号より〜

毎年 冬~春にかけてウィルス性胃腸炎が流行します。
今回は症状や対処法、適切な予防法についてご紹介します。

■ 症状
主な症状は吐き気、おう吐、下痢です。腹痛、熱を伴う場合もあります。

■ かかってしまったら
特効薬はなく、整腸剤や吐き気止めなどの対症療法が基本です。脱水症にならないように、できる限り水分の補給をすることが一番大切です。場合によっては医療機関で点滴をすることもあります。

■ 予防
食中毒による場合もありますが、多くの胃腸炎は人から人への感染によって発症します。特に嘔吐物や便には多量のウィルスが含まれているため、処理にあたる方はマスク・手袋をしっかり着用しましょう。最も重要な予防方法は手洗いです。帰宅時、食事前には、家族の方々全員が流水・石けんによる手洗いを行うようにしてください。

■ ノロウィルス感染症の迅速検査
ウィルス性胃腸炎は様々なウィルスによって起こりえますが、中でもノロウィルスは人から人へ感染しやすく、毎年全国で流行します。今年度より、ノロウィルス感染症の迅速検査を当院で行えるようになりました。下記の方は保険診療となりますが、その他の方は自費診療となり、約3,000円をご負担いただきます。ご希望の方は受診時に医師へご相談ください。
検査を保険診療で行うことのできる方
・3歳未満の方 ・65歳以上の方
・悪性腫瘍の診断が確定している方
・臓器移植後の方・抗悪性腫瘍剤、免疫抑制剤、免疫抑制効果のある薬剤を投与中の方

更別村国民健康保険診療所
医師 黒岩冴己

0 件のコメント:

コメントを投稿

毎週火曜日,帯広協会病院の研修医が研修に来ています.

 2018年4月より帯広協会病院の臨床研修医4名が毎週火曜日午後,外来診療の研修に来ています.  道内外の大学を卒業後,北海道・十勝に憧れて来てくれた仲間です.  受診される皆様の安全・安心を保つため,山田,安達がしっかり指導しておりますので,みなさまどうかご協力下さい. ...