2018年5月14日月曜日

毎週火曜日,帯広協会病院の研修医が研修に来ています.

 2018年4月より帯広協会病院の臨床研修医4名が毎週火曜日午後,外来診療の研修に来ています.
 道内外の大学を卒業後,北海道・十勝に憧れて来てくれた仲間です.
 受診される皆様の安全・安心を保つため,山田,安達がしっかり指導しておりますので,みなさまどうかご協力下さい.
 将来更別村診療所の医師としてやってきてくれるかも? 御期待下さい!


田中 大輔 (たなか だいすけ)医師

1年間、2週に1度更別診療所でお世話になることになりました。
大好きな北海道の地で働かせて頂けて、毎日幸せをかみしめています。
よろしくお願い致します.


星 なつみ (ほし なつみ)医師
広い大地と果てしない空、十勝平野に憧れてこの地にやってきました。
2週間に1度、更別診療所で勤務できることをとても嬉しく思っています。
どうぞよろしくお願いします。



勝俣 元都(かつまた げんと) 医師

月に2回程度、更別村診療所で働かせていただくことになりました。
地域で貢献できる医師が私の目標です。
よろしくお願いします。



門 遼星(かど りょうせい)医師
2週間に1回、更別診療所でお世話になります。
豊頃町出身です。同じ十勝の更別村で勉強させていただくことをとても嬉しく思っています。
よろしくお願いします。







2018年5月11日金曜日

薬剤耐性(AMR) 知っていますか? 診療所かわら版2018年5月号より

薬剤耐性(AMR : Antimicrobial resistance)とは、抗菌薬(抗生物質)の使用により細菌が変化し、抗菌薬が効きにくくなる、または効かなくなることです。
現在、薬剤耐性によって世界では年間70万人が死亡しています。このままでは、約30年後には1,000万人が死亡すると予想され、がんの死亡者数を上回る可能性があります。そのため、厚生労働省は全医療機関に薬剤耐性対策に取り組むよう通達を出しています。
それを受けて当院では抗菌薬の必要のない風邪や急性下痢症で受診された方に、簡単なパンフレットをお渡しすることにしました。当院を受診される患者さんの多くが既にこのことに理解を示してくださっていることに感謝いたします。
細菌感染による肺炎等必要時には抗菌薬を処方しますので、決められた用量・用法を守って飲み切りましょう! 
医師:棟方



医師の紹介のページを更新しました.

4月1日に安達記宏,ひろむ医師に代わり伊藤史織(いとうしおり)医師,田尻巧(たじり たく)医師が着任しましたので,医師紹介のページを更新しました. ついでに所長の山田のコメントも新しくしましたのでよければご覧下さい! 医師紹介のページ