2018年9月23日日曜日

風疹について


 皆さま、夏も終わりこれからどんどん寒くなっていきますが体調は如何でしょうか?

 今回は現在ニュースにとりあげられている「風しん」についてお話したいと思います。今年はすでに184人が風しんに罹患しています(2018年8月28日時点で)。

 症状としては顔から身体中に拡がる発疹、発熱、耳や首のリンパ節が腫れるなどがあります。症状は比較的軽く予後は良好だと言われています。

 一方で脳炎や血小板減少性紫斑病などの重たい合併症があること、成人は熱の期間が長いこと、関節炎を起こすことなど注意が必要な病気でもあります。

 そして、この病気で最も重要なのは先天性風しん症候群です。先天性風しん症候群とは妊娠中に風しん感染した時に胎児に起こる病気です。症状は眼疾患(白内障、緑内障、網膜症)、心疾患(心室中隔欠損症等)、難聴、精神発達遅滞等があります。

 これらは妊娠1か月以内に感染したら50%、2か月以内なら35%、3か月以内なら18%に起こります。しかしワクチンを1回打つと95%、2回打つと99%が予防出来ると言われており、妊娠を考えている女性で風疹の抗体がない方はワクチンを打つことを強く勧めます。また、男性も抗体がなければ打つこと勧めます。理由は重症化しやすいこと、妊娠中の女性にうつす可能性があることです。ちなみに30代後半~50代の5人に1人、20~30代前半では10人に1人の男性は抗体がないと言われ問題となっています。

 注意: 妊娠希望の女性はワクチン接種1か月前から避妊をして、ワクチン接種後も2か月は避妊して下さい。ただし今まで妊娠に気がつかずワクチンを打ってしまった方で、胎児が先天性風しん症候群になったことはありません。ご心配があれば診療所にご相談下さい。                            

文責  安達 記広

2018年9月13日木曜日

インフルエンザ予防接種のお知らせ

■ 実施期間  
10月10日(水)~ 12月26日(水)
毎週 水・金曜日   ①午後1時30分~2時00分(44名まで)
           ②午後4時00分~4時30分(48名まで)
※ 水・金曜日で、どうしても都合がつかない方には…
月・火曜日、午後の通常診療(午後1時30分~4時30分)のなかで、接種することもできます(なお各日4名まで、村民の方のみとします。月・火曜日は少人数のため薬の無駄をなくすよう偶数名でのお申込みにご協力ください)。

■ 実施場所  
福祉の里総合センター  集会室
(月・火曜日は、国民健康保険診療所)    

■ 接種料  
・ 村民の方…… 1,000円/回 (村の助成を引いた後の料金です)
 ・  村外の方…… 3,000円/回 
なお、村民の方が他の医療機関で接種した場合は、償還払いで助成を受けることができます。詳しくは、保健福祉課へ(☎53-3000)。

■ 接種回数
13歳以上の方 → 1回接種
13歳未満の方 → 2回接種(2回目の接種は1回目接種後3〜4週後をお勧めしています。)

■ お申し込み
更別村診療所
直接来院,または電話でお申し込み下さい.
TEL 0155−52−2301 (午前8時30分から午後5時15分まで)

※  10月1日(月)より、申込み受付を開始します。
※ 2018年度もワクチンの供給が不安定になることが予想されます。
 早めの接種をお勧めします。
※  前日までにお申込みをお願いします。ただし、ワクチンの供給状況により、
 接種できない場合があることをご了承ください。


2018年8月27日月曜日

おためし往診,利用してみませんか? 〜 診療所かわら版2018年8月号より

 「家にお医者さんがくるなんて、どんな感じかわからないから不安」という方も多いのではないでしょうか?そのため、「いきなり定期的な訪問診療の約束をするのはちょっと…」とためらう方もいることでしょう。
そこで、お医者さんが家に来て診察することを体験する制度「おためし往診」をしています。

日時: 木曜日 午後 30分~1時間程度
料金: 自己負担1割の場合  1回 1,000円程度+お薬代
おためし往診に関する質問は、診療所にお問い合わせください。 
電話 52-2301

2018年8月20日月曜日

待ち時間について 〜 診療所かわら版2018年8月号より

更別村国保診療所の医師は、総合診療科(家庭医療科)を専門としています。総合診療科の特徴の一つとして、乳児から高齢者まで様々な年齢層の、急性~慢性の病気やケガ等多くの疾患や問題をかかえる患者さんを対象に、日常的な「かかりつけ医」としてあらゆる健康問題の相談にのっています。そのため、診療時間が長くかかることがあります。また、医学生や研修医等の教育機関として見学・実習の受け入れも随時実施しているため、ご協力いただくことがあります。
現在混雑時の対策として、来院していただいた時点での待ち時間の目安や、診察している受付番号を掲示しておりますので、ご予定のある方は、看護師による予診の際に声をかけていただき一旦外出することも可能です。また、当日午後や後日の時間枠を予約していただくことも可能です。

時間枠予約とは、指定された日時から15分以内に診察が開始される予約です。
午前中の定期受診または発熱・ケガなどの再診で、診察前に検査予定が無く、医師を指定しない方に予約していただいております。ご希望の方は、医師または看護師にお声かけください。

急なケガや発熱、未就学児をお連れの方は、できるだけ優先して診察させていただいていますので、焦らずに受診してください。
当診療所は、84593016001630の受付は、毎日混雑する傾向にあります。可能であればその時間帯を避けていただくか、事前にお電話で混雑状況をお問合せください。また、山田所長は急な出張や会議で不在になる場合もありますので、ご希望の方は事前にお電話でお問い合わせください。

2018年6月24日日曜日

【WEbサイトのご紹介】こどもとおとなのワクチンサイト


更別村診療所の総合診療科医師全員が所属している日本プライマリ・ケア連合学会のワクチンプロジェクトチームが「こどもとおとなのワクチンサイト」が公開されました.

これまでお子さんのワクチンに関するWebサイトは見られましたが,全年齢対応.

その他
○ 海外に渡航予定の方
○ 医学的に特殊な状態にある方(妊婦,免疫不全状態,透析中など…)
○ 医療従事者
など多くの皆様にご利用いただけるサイトです.

また,HPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンに関する情報やワクチンに関する基本的な知識など,医学的に正しく検証された情報によって記載されております.

「うちの子のワクチン,どうしたらよいのだろう?」
「今度,海外にいくのだけれど,どのようなワクチンを接種したらよいだろう?」
など疑問に思ったらまずこのサイトをご覧になるとよいでしょう.

こどもとおとなのワクチンサイト(日本プライマリ・ケア連合学会)

2018年5月14日月曜日

毎週火曜日,帯広協会病院の研修医が研修に来ています.

 2018年4月より帯広協会病院の臨床研修医4名が毎週火曜日午後,外来診療の研修に来ています.
 道内外の大学を卒業後,北海道・十勝に憧れて来てくれた仲間です.
 受診される皆様の安全・安心を保つため,山田,安達がしっかり指導しておりますので,みなさまどうかご協力下さい.
 将来更別村診療所の医師としてやってきてくれるかも? 御期待下さい!


田中 大輔 (たなか だいすけ)医師

1年間、2週に1度更別診療所でお世話になることになりました。
大好きな北海道の地で働かせて頂けて、毎日幸せをかみしめています。
よろしくお願い致します.


星 なつみ (ほし なつみ)医師
広い大地と果てしない空、十勝平野に憧れてこの地にやってきました。
2週間に1度、更別診療所で勤務できることをとても嬉しく思っています。
どうぞよろしくお願いします。



勝俣 元都(かつまた げんと) 医師

月に2回程度、更別村診療所で働かせていただくことになりました。
地域で貢献できる医師が私の目標です。
よろしくお願いします。



門 遼星(かど りょうせい)医師
2週間に1回、更別診療所でお世話になります。
豊頃町出身です。同じ十勝の更別村で勉強させていただくことをとても嬉しく思っています。
よろしくお願いします。







2018年5月11日金曜日

薬剤耐性(AMR) 知っていますか? 診療所かわら版2018年5月号より

薬剤耐性(AMR : Antimicrobial resistance)とは、抗菌薬(抗生物質)の使用により細菌が変化し、抗菌薬が効きにくくなる、または効かなくなることです。
現在、薬剤耐性によって世界では年間70万人が死亡しています。このままでは、約30年後には1,000万人が死亡すると予想され、がんの死亡者数を上回る可能性があります。そのため、厚生労働省は全医療機関に薬剤耐性対策に取り組むよう通達を出しています。
それを受けて当院では抗菌薬の必要のない風邪や急性下痢症で受診された方に、簡単なパンフレットをお渡しすることにしました。当院を受診される患者さんの多くが既にこのことに理解を示してくださっていることに感謝いたします。
細菌感染による肺炎等必要時には抗菌薬を処方しますので、決められた用量・用法を守って飲み切りましょう! 
医師:棟方



風疹について

 皆さま、夏も終わりこれからどんどん寒くなっていきますが体調は如何でしょうか?  今回は現在ニュースにとりあげられている「風しん」についてお話したいと思います。今年はすでに184人が風しんに罹患しています(2018年8月28日時点で)。  症状としては顔から身体中に拡が...