2018年11月29日木曜日

雪道での転倒予防に 〜 診療所かわら版 2018年12月号より〜

 すっかり日が落ちるのが早くなり寒い日が続いております。皆さん体調は崩されていないでしょうか。今年更別で2度目の冬を迎える安達記広です。

 本日は「雪道での転倒予防」について話したいと思います。早速ですが、転倒で怖いのは「骨折」ですね。特に高齢者の方の骨折の8割以上は転倒によるものと言われています。
「骨折」から「寝たきり」になることも本当に怖いことです。
高齢者は若い人と比べると…
①筋力とバランス感覚が弱いこと
②目が悪いこと
③骨がもろいこと
等様々な要因が関係し転倒、骨折を起こしやすいので特に注意して下さい。
一方で若い人もある程度の強さで転べば骨折するということを覚えておいて下さい。
高齢者だけでなく、雪国に住む全ての人は転倒による骨折予防をするよう心がけなければなりません。以下に気をつける点を記載します。

① 服装について
 帽子、手袋をすることはもちろんですが、動きに影響がない程度でなるべく厚着を
 しましょう。これらは転んだ時のクッションとして働きます。
② 靴について
 足裏全面を覆うすべり止めのついた靴をはきましょう。
③ 歩き方について
 小さな歩幅で靴の裏面全体をつけ、なるべく路面をみながら歩きましょう。
 また、ポケットに手は入れず、買い物かごも両手で持たないことも大事です。
④ その他
 ゆとりを持って歩くことが大事です、急いで走って転んでしまえば若い人でも骨折してしまいます。歩くことに集中することも大事です。
 スマホなどを見ながら歩くことはやめましょう。
 また、お酒を飲み過ぎた場合、路面が極端に凍っている等の場合は、無理をせず誰かに送ってもらうなどの予防も大切です。

 以上に注意し、今年は転倒、骨折を村で「0」に出来ると良いですね。

                           文責 安達記広

2018年11月24日土曜日

たくさんの人にインフルエンザワクチンを接種して欲しいワケ 〜どんぐり通信2018年11月号より〜

予防接種を受けてもインフルエンザにかかっちゃうから、しなくてもいいんじゃない?

今までかかったことがないから大丈夫じゃない?

と思っていませんか?実は、それは間違いです。インフルエンザ予防接種には重要な

集団免疫という効果があるのです。

集団免疫とは、多くの人が予防接種を受けることで、病気が流行しにくい集団にすることです。集団免疫によって、免疫ができない乳児や免疫不全の方、重症化する危険が高い乳幼児や高齢者を守ることができます。

インフルエンザにかかると重症になりやすい人が、あなたの身の回りにいるかも知れません。
そのような人を救うのは、あなたの予防接種なのです。
また、幼稚園・保育園・学校等の教育現場や医療、福祉、介護に関わる人には
感染症に弱い子どもや高齢者を守るためにも、ぜひ受けていただきたいと思います.

医師 棟方智子

2018年10月13日土曜日

北海道胆振東部地震の経験 〜診療所かわら版2018年10月号より〜

 9月6日深夜3時、ついに北海道にも大きな地震災害が発生してしまいました。十勝の私たちの生活はほぼ正常化している一方、被災地の復興はまだまだ先が見通せない状況と報道で伝えられております。1日も早い復興をお祈りするばかりです。
 さて、暖かい時期に、かつ比較的早期に生活が正常化できた今回の地震は私たちに多くの教訓を与えてくれたのではないでしょうか? 冬に,より長期に大きな災害に見舞われた時を想定し備えが必要なことに気づかされた方も多かったと思います。
 停電: オール電化の住宅では寒い季節に暖をいかにとるのか? 明かりや調理器具をどのように確保するのか? 情報を手に入れるためのスマホの充電やラジオなどの対策はできているか?
 断水飲み水、トイレの水など最低限必要な水は確保できるか?
 物流: 3日程度、調理が不要で保存の利く飲食物は準備できているか?
 自宅での生活継続が困難なときの避難先は? 家族の安否確認の方法は? 
 などなど…ご家庭で話合い準備を整えるよい機会ではないでしょうか。
 さて、医療機関である診療所も今回の地震では大いに学ぶことがありました。停電時、診療所は非常用電源が作動するようになっています。ただし、必要最低限の電力しか得られないため、レントゲンなどの医療機器が使えなくなったり電子カルテが一部の端末のみしか使用できなくなるなど、医療機関としての機能が制限されます。その中で地域住民の皆様の健康と安全をどうお守りするのかを考えなくてはなりません。
 今回の地震においても防災無線でお知らせしましたが、不要不急の受診をお控え頂いたり、物流が回復するまでの間、お薬は数日の短期間の処方にとどめさせて頂くなどのご協力を住民の皆様にお願いする場合もあります。
 大きな災害は私たちの地域でも起きる可能性があります。
 今一度災害への備え、考えてみませんか?                  

所長 山田 康介

2018年10月4日木曜日

インフルエンザ予防接種のお知らせ

■ 実施期間  
10月10日(水)~ 12月26日(水)
毎週 水・金曜日   ①午後1時30分~2時00分(44名まで)
           ②午後4時00分~4時30分(48名まで)
※ 水・金曜日で、どうしても都合がつかない方には…
月・火曜日、午後の通常診療(午後1時30分~4時30分)のなかで、接種することもできます(なお各日4名まで、村民の方のみとします。月・火曜日は少人数のため薬の無駄をなくすよう偶数名でのお申込みにご協力ください)。

■ 実施場所  
福祉の里総合センター  集会室
(月・火曜日は、国民健康保険診療所)    

■ 接種料  
・ 村民の方…… 1,000円/回 (村の助成を引いた後の料金です)
 ・  村外の方…… 3,000円/回 
なお、村民の方が他の医療機関で接種した場合は、償還払いで助成を受けることができます。詳しくは、保健福祉課へ(☎53-3000)。

■ 接種回数
13歳以上の方 → 1回接種
13歳未満の方 → 2回接種(2回目の接種は1回目接種後3〜4週後をお勧めしています。)

■ お申し込み
更別村診療所
直接来院,または電話でお申し込み下さい.
TEL 0155−52−2301 (午前8時30分から午後5時15分まで)

※  10月1日(月)より、申込み受付を開始します。
※ 2018年度もワクチンの供給が不安定になることが予想されます。
 早めの接種をお勧めします。
※  前日までにお申込みをお願いします。ただし、ワクチンの供給状況により、
 接種できない場合があることをご了承ください。

■ 予診票などの資料のダウンロード
いかのリンクから予診票をダウンロードすることができます.
事前に印刷,ご記入頂くことをお勧めいたします.

生後6か月から64歳までの方向け予診票

65歳以上の方向けの予診票

中学生が保護者の同伴なく接種する場合の保護者の同意書
(中学生で保護者の同伴なく接種することを希望される場合は,こちらの同意書も事前にご記入の上接種日にお持ち下さい)



2018年9月26日水曜日

医業も父親業も日々鍛錬.第28回 つづけること 〜 どんぐり通信2018年9月号 〜

 どんぐり通信は今回が第100号とのこと,おめでとうございます! お聞きするとここまで14年.これほどの期間休むことなく発行しつづけて地域のお母さん,お父さんを支え続けてこられたことに1人の父親として感謝の気持ちでいっぱいです.
 14年」 そういえば息子は14歳.山田家の子育てはどんぐり通信の歩みとともにあったのだなあ,と今気づかされました.
  さて,今回は「つづける」ということについて私の子どもの時の思い出からお話したいと思います.小さいころ私は不器用で要領が悪く,何か新しいことを覚えたり身につけるために時間のかかる子でした.なわとび,自転車などなど…母は内心「この子は不器用だなあ」あきれていたに違いありませんが(笑),いつも練習につきあってくれ「できるようになるまで,こつこつとよく頑張ったね」と言ってくれたことをよく覚えています. スポーツや芸術,そして学業など分かりやすい長所のなかった私にとって,母のこの言葉はとてもうれしい褒め言葉でした.今でも「これと決めたらあきらめずに,あきることなくこつこつ努力し続ける」ことは私にとって大事なアイデンティティになっています.
 振り返って,親としての自分.母のように子どもたちの見えにくい長所,きちんと見つけてあげられているだろうか? ありのままの子どもたちを心から受け入れられているだろうか? 夜,家族がみんな寝静まって1人になったときに自分に問うときがあります. 昨今,天災や事故,そして戦争などで命を奪われる子どもたちのニュースが流れない日はありません.本当は今ここにいてくれるだけで幸せなことなのに,気がつくと自分の色眼鏡を通して子どもを評価してしまっている自分がいます.言うは易し.本当に難しいことだなあと思っています. 皆様はいかがでしょうか?
 子育ても休みなく毎日何年も,何年もつづきます.つらいときも面倒くさい時もありますが,希望を失わずに粘り強くこつこつと行きたいものですね. 更別は子育ての長い道のりを支えてくれる人達がたくさんいます. 時には頼り支えられながらでも親として「100点満点」…ではなくて「第100号」を目指しましょう!

 所長 山田康介

2018年9月23日日曜日

風疹について


 皆さま、夏も終わりこれからどんどん寒くなっていきますが体調は如何でしょうか?

 今回は現在ニュースにとりあげられている「風しん」についてお話したいと思います。今年はすでに184人が風しんに罹患しています(2018年8月28日時点で)。

 症状としては顔から身体中に拡がる発疹、発熱、耳や首のリンパ節が腫れるなどがあります。症状は比較的軽く予後は良好だと言われています。

 一方で脳炎や血小板減少性紫斑病などの重たい合併症があること、成人は熱の期間が長いこと、関節炎を起こすことなど注意が必要な病気でもあります。

 そして、この病気で最も重要なのは先天性風しん症候群です。先天性風しん症候群とは妊娠中に風しん感染した時に胎児に起こる病気です。症状は眼疾患(白内障、緑内障、網膜症)、心疾患(心室中隔欠損症等)、難聴、精神発達遅滞等があります。

 これらは妊娠1か月以内に感染したら50%、2か月以内なら35%、3か月以内なら18%に起こります。しかしワクチンを1回打つと95%、2回打つと99%が予防出来ると言われており、妊娠を考えている女性で風疹の抗体がない方はワクチンを打つことを強く勧めます。また、男性も抗体がなければ打つこと勧めます。理由は重症化しやすいこと、妊娠中の女性にうつす可能性があることです。ちなみに30代後半~50代の5人に1人、20~30代前半では10人に1人の男性は抗体がないと言われ問題となっています。

 注意: 妊娠希望の女性はワクチン接種1か月前から避妊をして、ワクチン接種後も2か月は避妊して下さい。ただし今まで妊娠に気がつかずワクチンを打ってしまった方で、胎児が先天性風しん症候群になったことはありません。ご心配があれば診療所にご相談下さい。                            

文責  安達 記広

2018年8月27日月曜日

おためし往診,利用してみませんか? 〜 診療所かわら版2018年8月号より

 「家にお医者さんがくるなんて、どんな感じかわからないから不安」という方も多いのではないでしょうか?そのため、「いきなり定期的な訪問診療の約束をするのはちょっと…」とためらう方もいることでしょう。
そこで、お医者さんが家に来て診察することを体験する制度「おためし往診」をしています。

日時: 木曜日 午後 30分~1時間程度
料金: 自己負担1割の場合  1回 1,000円程度+お薬代
おためし往診に関する質問は、診療所にお問い合わせください。 
電話 52-2301

雪道での転倒予防に 〜 診療所かわら版 2018年12月号より〜

 すっかり日が落ちるのが早くなり寒い日が続いております。皆さん体調は崩されていないでしょうか。今年更別で2度目の冬を迎える安達記広です。  本日は「雪道での転倒予防」について話したいと思います。早速ですが、転倒で怖いのは「骨折」ですね。特に高齢者の方の骨折の8割以上は転倒によ...