2018年12月30日日曜日

新年のご挨拶〜時代の変化〜

 30年続いた「平成」という時代が終わりを迎えようとしています。
 「昭和」から「平成」へ年号が変わったその時、私は中学3年生。
 世の中が大きく移り変わっていく様を目の当たりにしながら、まだその意味をよく理解できないまま大人へと向かっていったように思います。
 しかし「平成」は、私にとっては自身の人生のあり方を決定づける時代となりました。
 医師という職業に就き、「総合診療科」という日本においては全く新しい分野の専門医となったこと、そして更別村との出会い、家族とともにこの地で永く暮らすという決断、当時の上司の命に従い医師4年目で更別村診療所に赴任したとき、自分が医師としての人生の大半をこの村で過ごすことになろうとは思っていませんでした。
 気がつくと18年、「総合診療科の医師が地域に根付いたらこんなに地域がよくなるんだよ」ということを世に知らしめたくて走り続けてきました。この間に医療を取りまく環境は大きく変わってきました。医学の発展と高度化、少子高齢化を背景とした病院や診療所の機能分化の促進、地域包括ケアや在宅医療の推進が特徴的です。「治す医療から支える医療へ」などというキーワードもよく語られるようになり医療のあり方が問われる時代でしたが、そのような中で更別村は住民の皆様、そして大切な仲間に支えられ地域医療のモデル地域として全国的に知られる存在になりました。さて、次はどのような時代になるのでしょうか。
 更別村診療所は時代、環境の変化をしっかり捉えながら、これからも「まちのお医者さん」として発展を続けて参ります。
 皆様の新しい時代が幸多いことをお祈りして、新年のご挨拶とさせていただきます。

所長 山田康介

2018年12月25日火曜日

健診の結果を持って診療所へ

健診の結果、要検査・要治療などとなっている項目はありませんか?
せっかく受けた健診の結果をそのまま放っておかず、必ず医療機関で相談しましょう。
 診療所では健診結果をもとに再検査、治療を行っていますので、ご相談ください。

 各種血液・尿検査,超音波エコー(腹部,心臓,頸部),胃カメラ(ピロリ菌の検査も含む),レントゲン,心電図,24時間心電図,呼吸機能検査,睡眠時無呼吸検査など,幅広い検査をお受けいただくことができます.

出前宅配便「健康講座」のお知らせ 〜かわら版 2019年1月号より〜


診療所では、毎年3月までの冬期間に「健康講座」を
実施しています。
今年は…

「フレイル~あなたが知らない寝たきりへの道~」

と題し、診療所の医師が各地域に出向いて
お話しさせていただきます。

行政区やサークルなどでお集まりの際に、
ぜひご活用ください!!

お申込みは…
診療所へお電話で 0155−52−2301

2018年12月24日月曜日

発熱、咳・くしゃみ、時間外受診時のお願い


インフルエンザの流行期に入りました。

発熱時診療時間外に受診される患者さんには、専用の診察室に近い廊下でお待ちいただいております。
時間帯によっては暖房が十分に効かず寒いことがありますので、防寒着をお持ちください。
また、診療所で受診される際に熱がある方、咳やくしゃみの症状がある方はマスクを着用して下さい。

急なご病気やケガなどで診療時間外に受診をご希望される際はまずお電話でご連絡をお願い致します。

他に通院中の病院がある場合は、必ずお薬手帳をお持ち下さい。

年末年始の休診のお知らせ

12月28日(金)
 午前 通常診療 午後 休診

12月29日(土) 〜 1月6日(日)  
 休診

1月7日(月) 〜   
 通常診療

急な病気やけがの診療は受け付けておりますので,
まずお電話でご相談下さい.

更別村国保診療所 TEL 0155−52−2301

2018年11月29日木曜日

雪道での転倒予防に 〜 診療所かわら版 2018年12月号より〜

 すっかり日が落ちるのが早くなり寒い日が続いております。皆さん体調は崩されていないでしょうか。今年更別で2度目の冬を迎える安達記広です。

 本日は「雪道での転倒予防」について話したいと思います。早速ですが、転倒で怖いのは「骨折」ですね。特に高齢者の方の骨折の8割以上は転倒によるものと言われています。
「骨折」から「寝たきり」になることも本当に怖いことです。
高齢者は若い人と比べると…
①筋力とバランス感覚が弱いこと
②目が悪いこと
③骨がもろいこと
等様々な要因が関係し転倒、骨折を起こしやすいので特に注意して下さい。
一方で若い人もある程度の強さで転べば骨折するということを覚えておいて下さい。
高齢者だけでなく、雪国に住む全ての人は転倒による骨折予防をするよう心がけなければなりません。以下に気をつける点を記載します。

① 服装について
 帽子、手袋をすることはもちろんですが、動きに影響がない程度でなるべく厚着を
 しましょう。これらは転んだ時のクッションとして働きます。
② 靴について
 足裏全面を覆うすべり止めのついた靴をはきましょう。
③ 歩き方について
 小さな歩幅で靴の裏面全体をつけ、なるべく路面をみながら歩きましょう。
 また、ポケットに手は入れず、買い物かごも両手で持たないことも大事です。
④ その他
 ゆとりを持って歩くことが大事です、急いで走って転んでしまえば若い人でも骨折してしまいます。歩くことに集中することも大事です。
 スマホなどを見ながら歩くことはやめましょう。
 また、お酒を飲み過ぎた場合、路面が極端に凍っている等の場合は、無理をせず誰かに送ってもらうなどの予防も大切です。

 以上に注意し、今年は転倒、骨折を村で「0」に出来ると良いですね。

                           文責 安達記広

2018年11月24日土曜日

たくさんの人にインフルエンザワクチンを接種して欲しいワケ 〜どんぐり通信2018年11月号より〜

予防接種を受けてもインフルエンザにかかっちゃうから、しなくてもいいんじゃない?

今までかかったことがないから大丈夫じゃない?

と思っていませんか?実は、それは間違いです。インフルエンザ予防接種には重要な

集団免疫という効果があるのです。

集団免疫とは、多くの人が予防接種を受けることで、病気が流行しにくい集団にすることです。集団免疫によって、免疫ができない乳児や免疫不全の方、重症化する危険が高い乳幼児や高齢者を守ることができます。

インフルエンザにかかると重症になりやすい人が、あなたの身の回りにいるかも知れません。
そのような人を救うのは、あなたの予防接種なのです。
また、幼稚園・保育園・学校等の教育現場や医療、福祉、介護に関わる人には
感染症に弱い子どもや高齢者を守るためにも、ぜひ受けていただきたいと思います.

医師 棟方智子

新年のご挨拶〜時代の変化〜

  30 年続いた「平成」という時代が終わりを迎えようとしています。  「昭和」から「平成」へ年号が変わったその時、私は中学 3 年生。  世の中が大きく移り変わっていく様を目の当たりにしながら、まだその意味をよく理解できないまま大人へと向かっていったように思います。 ...