2016年10月12日水曜日

リハビリテーションのご紹介 〜どんぐり通信 2016年10月号より

皆さん、風が冷たくなってきて秋の到来を感じていることでしょう。3月に赴任し、早くも半年経ちました作業療法士の石川です。前任の堀理学療法士との違いについて、今回簡単に作業療法士の仕事を紹介していきます。

《作業療法士とは?》
 病気やケガなどが原因で不自由さを抱える人に対して、『普段行っている作業活動を取り入れてリハビリをする』というイメージが合っているかと思います。
 例えば畑仕事、家事動作など心身を鍛える作業。また織物、木工、書道、将棋、園芸や体操といった趣味活動などの心身をリラックスさせる作業。実は皆さんは心身の健康のために、自然と作業療法をしているのです!
 それらの作業が行いにくくなった時のサポートが作業療法士の出番と思ってもらえればと良いと思います。ですから、筋力トレーニングのみならず、趣味活動、体操、家事動作、仕事・・・と様々の活動の支援をしているのが作業療法士の仕事です。
作業療法士は、患者さん本人や医師などと相談しながら、それぞれの患者さんに合うプログラムを考え、訓練を行います。

リハビリについてのご相談は,主治医または
リハビリ室・石川まで声をおかけ下さい!
《当院で行っているリハビリの種類》
入院リハビリ:入院患者様が対象。
外来リハビリ:外来通院できる方が対象。
通所リハビリ:外来通院できない方でリハビリを
必要とする方が対象(送迎可能)。
訪問リハビリ:自宅に訪問してリハビリを必要と
とする方が対象(作業療法士が
訪問します)。

0 件のコメント:

コメントを投稿

雪道での転倒予防に 〜 診療所かわら版 2018年12月号より〜

 すっかり日が落ちるのが早くなり寒い日が続いております。皆さん体調は崩されていないでしょうか。今年更別で2度目の冬を迎える安達記広です。  本日は「雪道での転倒予防」について話したいと思います。早速ですが、転倒で怖いのは「骨折」ですね。特に高齢者の方の骨折の8割以上は転倒によ...