2016年6月20日月曜日

安全にプールを楽しもう 〜診療所かわら版2016年6月号より〜

  学校や幼稚園での水泳授業、水泳少年団も始まり、プールで遊ぶ機会もふえてくる時期ですね。
 水泳は、水の抵抗を受けながら体の様々なところを使う全身運動です。全身の筋肉の発達は、基礎代謝を向上させる効果があります。また、水による浮力を受け腰や膝など関節への負担が軽くなるため、関節痛がある方にも取り入れやすい運動です。
 しかし、楽しいはずのプール遊びや健康維持のための水泳が、病気やケガの発生源になることもあります。安全で衛生的にプールに入るために、以下の注意点を守りましょう。
【プールに入る前に】
★体調を確かめましょう
★トイレに行きましょう
★シャワーを浴び、準備体操をしましょう
食欲がない、疲れている、寝不足など体力が落ちているときは、ケガをしたり、風邪をひきやすくなったりしますので、プールに入ることはやめましょう。水中では体が冷えてトイレが近くなりますので、事前にトイレに行きましょう。体がかたい状態ではケガをしやすいので、準備体操をしましょう。

【プールで】
★プールサイドでは走らないようにしましょう
★飛び込みはやめましょう
思わぬケガの原因になりますので、ふざけたり、人の嫌がることをするのはやめましょう。

【プールから出たら】
★体を温め、休息しましょう
★目を軽く洗い、うがいをしましょう。タオルの貸し借りはやめましょう。

水中では体温が下がり、体力を消耗しますので、ゆっくり休みましょう。プールでうつる病気には、プール熱(咽頭結膜熱)、はやり目(流行性角結膜炎)、水いぼ(伝染性軟属腫)などがありますので、注意しましょう。                               

医師  棟方 智子

0 件のコメント:

コメントを投稿

医業も父親業も日々鍛錬.第28回 つづけること 〜 どんぐり通信2018年9月号 〜

 どんぐり通信は今回が第 100 号とのこと,おめでとうございます! お聞きするとここまで 14 年.これほどの期間休むことなく発行しつづけて地域のお母さん,お父さんを支え続けてこられたことに 1 人の父親として感謝の気持ちでいっぱいです.   「 14 年」 そういえば息子は...