2016年3月28日月曜日

離任のご挨拶 〜診療所かわら版 2016年3月号より〜

鳥巢 裕一 医師

2015 年 4 月から診療所で医師として働いておりました、鳥巢です。はるか遠くの地“長崎”から単身赴任してきました。初日の昼 食はあさひさんの親子丼、夕食はとりせいのお肉とおにぎりだっ たのをよく覚えています。
家庭医として駆け出したばかりの私ですが、診療を通して、色々 なことを教えていただき、本当に学ぶことの多い 1 年間になりました。
仕事以外でも、ビアガーデンに一人で出没して「あの人大丈 夫?」と心配されたり、盆踊りで酔っぱらって一人だけ違う踊りになってみたりと、周 囲の方々のあたたかい視線に見守られながら地域のイベントに参加してきました。楽し く生活できたのも、更別村の住民の皆様の人柄のおかげです。本当に更別村が好きにな
り、1 年間しかいなかったのに離れるのがとても寂しいです。 短い間でしたが、皆様、本当にありがとうございました。多くの方々にお世話になり、
感謝しても感謝しきれません。遠くからではありますが、更別村に笑顔があふれ、皆様
が幸せに過ごされることをお祈りしております。

堀 那緒子 理学療法士

私がはじめて更別を訪れたのは今から 9 年前の平成 19 年 3 月。
知っている人が一人もいない環境でのスタートに不安もたくさ んありました。
そこから 9 年間、色々な人と出会い、更別村の昔の話、その方の 昔の話、仕事のこと、畑のこと、料理の作り方、部屋の掃除方法な どなど。仕事に関係ないことまでたくさん話をしました(笑)。 振り返ると、更別村の方々にはたくさん良くしてもらったのに、 自分は何ができたのかと考えさせられますが、患者さんとして来て 下さった時に、少しでも痛みが取れたり、話しをして少しでも気持ちが楽になったこと があればうれしく思います。患者さん、その家族の方々、地域の方々のおかげで楽しい 更別生活を送ることができました。 これからは更別村を離れますが、遠くから皆様のご健康とご多幸をお祈りしています。 
大変お世話になりました。ありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

医業も父親業も日々鍛錬.第28回 つづけること 〜 どんぐり通信2018年9月号 〜

 どんぐり通信は今回が第 100 号とのこと,おめでとうございます! お聞きするとここまで 14 年.これほどの期間休むことなく発行しつづけて地域のお母さん,お父さんを支え続けてこられたことに 1 人の父親として感謝の気持ちでいっぱいです.   「 14 年」 そういえば息子は...