2014年12月31日水曜日

年末年始のご挨拶〜どんぐり通信2015年1月号より〜

 はやいもので、あっという間に新年を迎える時期になってしまいました。
 日本国内では台風、土砂災害、火山の噴火などの自然災害、世界に視野を広げるとますます混迷を深める紛争やイスラム国の台頭、エボラ出血熱などの感染症の流行により多くの尊い命が失われ心痛めることの多い一年ではありましたが、こと更別に関しては比較的穏やかな1年だったといってよいのではないでしょうか?

 診療所は今年度、事情により医師が1名休職となり3名体制での運営を余儀なくされました。住民の皆様の診療には極力影響のないように対応して参りましたが、至らぬ点もあったかと思っております。現時点では、平成27年度は4名体制を維持できることが決まっておりますので、どうかご安心いただけますようよろしくお願い致します。

 今年は数年前から準備を進め実現した、院外薬局への移行が完了しました。今までと勝手が違ったり、金銭的なご負担が変わった面はありますが、やはりお薬の専門家である薬剤師が皆様へお薬を手渡し、安全に利用頂ける環境が整ったことは非常に有意義であったと認識しています。地域の薬局として今後も身近にご利用頂けるとうれしいな、と思っています。

 今年度は診療所のサービス向上委員会が、私たちスタッフの接遇改善や長年の問題である待ち時間の改善に取り組んでいます。接遇に関しては講習会やケース検討会などを毎月実施し、待ち時間に関しては11月に現状分析のための調査を行いました。こういった取り組みの結果が利用される皆様に実感していただけるよう診療所一同、努力を積み重ねていきます。どうかご理解頂きますようよろしくお願い致します。

 私山田ですが、週末村を空けて出張にでることが多く、トラクターBAMBAや収穫祭といった楽しみなイベントに参加することもできない1年となってしまいました。残念…来年度はもう少し私生活が充実することを新年に向けての願い事にすることにします。

 それでは住民の皆様にとって幸多き1年になることをお祈り致します!
 新年もよろしくお願い致します。

更別村国民健康保険診療所  所長 山田康介

0 件のコメント:

コメントを投稿

毎週火曜日,帯広協会病院の研修医が研修に来ています.

 2018年4月より帯広協会病院の臨床研修医4名が毎週火曜日午後,外来診療の研修に来ています.  道内外の大学を卒業後,北海道・十勝に憧れて来てくれた仲間です.  受診される皆様の安全・安心を保つため,山田,安達がしっかり指導しておりますので,みなさまどうかご協力下さい. ...