2014年3月17日月曜日

節分・ひな祭り会 〜診療所かわら版2014年3月号より〜


また、参加していただいた皆さんに自分の干支が描いたイラストをつけていただき、同じ年(?)の人も見つけてもらいました。新たな共通点を見つけた方もおり、話がはずみました。

 2月26日(水)診療所のリハビリ室で節分・ひな祭り会を行いました。
 今年も健やかクラブの皆さんにご協力いただき、踊りの披露からスタート。衣装も艶やかで3組の踊りを見せていただきました。

続いては、患者さんも参加するレクレーション。鬼の顔を描いた風船を豆の入ったお手玉で割るというもの。家族の方にも参加していただき、盛り上がりました。   
 最後は、すずらん会のみなさんも一緒に春の歌を合唱。手遊びを交えながら皆で楽しく体操もできましたね。

 皆さんの協力で楽しい会になりました。ありがとうございます。
 早く、暖かい春が来ますように。

理学療法士 堀 那緒子

0 件のコメント:

コメントを投稿

新年のご挨拶〜時代の変化〜

  30 年続いた「平成」という時代が終わりを迎えようとしています。  「昭和」から「平成」へ年号が変わったその時、私は中学 3 年生。  世の中が大きく移り変わっていく様を目の当たりにしながら、まだその意味をよく理解できないまま大人へと向かっていったように思います。 ...