2014年1月21日火曜日

医薬分業(院外処方)への移行のお知らせ

院外処方への移行についてお知らせです.


当診療所では平成26年4月1日より「医薬分業」を実施することにいたしました。
当診療所で投薬する代わりに「処方せん」を発行しますので、4日以内に調剤薬局へ処方せんを持参して、お薬をお受け取りください.



医薬分業とは

医師の診察を受けた後に、診療所でお薬の代わりに「処方せん」が渡されます。
処方せんにはお薬の名前や種類、量、使い方が書かれています。
この処方せんを街の調剤薬局(保険薬局)に持っていくと、薬剤師が薬の量や飲み合わせ等を確認の上、調剤します。
これが「医薬分業」です。患者様には、処方せんと引換えに薬剤師からお薬が渡されます。
医師と薬剤師が協力してお薬をより安全に使っていただくための制度です。

ご不便をおかけいたしますが、皆様にとって大変メリットのあることをご理解いただき,ご協力をお願いいたします。 


所長 山 田 康 介

0 件のコメント:

コメントを投稿

毎週火曜日,帯広協会病院の研修医が研修に来ています.

 2018年4月より帯広協会病院の臨床研修医4名が毎週火曜日午後,外来診療の研修に来ています.  道内外の大学を卒業後,北海道・十勝に憧れて来てくれた仲間です.  受診される皆様の安全・安心を保つため,山田,安達がしっかり指導しておりますので,みなさまどうかご協力下さい. ...