2016年2月7日日曜日

取り組みのご報告〜退院支援プロジェクト〜

今年度,診療所では2つのプロジェクトに取り組んでおります.
今日はそのうちの1つ「退院支援プロジェクト」をご紹介します.

更別の診療所に入院される患者さんの多くがご高齢の方達.
体が衰え,介護が必要な方が少なくありません.
急な病気をきっかけにさらに体や判断力が衰えてしまいやすい.
そのような方達が安心して治療をうけられるのはもちろん,スムーズにご本人もご家族も安心して退院後の生活に戻ることができるよう,計画的に,迅速に,丁寧に退院へ向けてのお手伝いをするためのシステムを整えることが目的です.

1月,このシステムができあがったため,早速1人目の入院患者さんについて運用を開始しています.写真は入院直後のカンファレンスの模様.
医師,看護師,看護補助員,理学療法士がそれぞれの情報を持ち寄り,どのようなおっ手伝いが必要そうか,検討をしているところです.

プロジェクトはカワイ医師,セトウ看護師が担当してくれました.
初回のカンファレンス,いい感じです!
診療所のスタッフ一同,診療所の医療が少しずつでもよくなるよう,がんばっております.



0 件のコメント:

コメントを投稿

医業も父親業も日々鍛錬.第28回 つづけること 〜 どんぐり通信2018年9月号 〜

 どんぐり通信は今回が第 100 号とのこと,おめでとうございます! お聞きするとここまで 14 年.これほどの期間休むことなく発行しつづけて地域のお母さん,お父さんを支え続けてこられたことに 1 人の父親として感謝の気持ちでいっぱいです.   「 14 年」 そういえば息子は...