2014年11月15日土曜日

接遇研修会を実施しています.

日崎事務長(患者さん役)高橋看護師(受付役)
による寸劇!
更別村診療所には「サービス向上委員会」という委員会があります.診療所を受診される皆様により満足して利用頂けるように改善をつづける委員会です.
例えば,
(1)待ち時間を少しでも短くするために「時間枠」という制度をつくる
(2)待合室の雑誌の整備
(3)意見箱に頂いたご意見に対する回答
など…
この数年重点的に取り組もうと頑張っているのが,私たち職員の「接遇」です.
私たち医療者は就職後,「医療」を学ぶことが重視されるあまり「接遇」をしっかり学ぶ機会はそれほど多くありません.
ましてや私たちのような小規模の医療機関になるとなおさらなのです.

ということで,今年度後半からは月1回研修会を開いているところです.
10月は外部講師をお呼びして講演会.
9月,11月はよくある場面を想定した事例(寸劇)を元にして検討会をしています.
今月は「おそれいりますが」「あいにく…」などの「クッション言葉」を意識してもっと使おう!というまとめになりましたよ.

私たちスタッフ,頑張って使ってみますので変化に気づいた方はお気軽に声をおかけ下さいね.
サービス向上委員会の皆様には院長として感謝,感謝です!

(山田)

0 件のコメント:

コメントを投稿

新年のご挨拶〜時代の変化〜

  30 年続いた「平成」という時代が終わりを迎えようとしています。  「昭和」から「平成」へ年号が変わったその時、私は中学 3 年生。  世の中が大きく移り変わっていく様を目の当たりにしながら、まだその意味をよく理解できないまま大人へと向かっていったように思います。 ...