2014年4月23日水曜日

読売新聞(北海道版)に更別村診療所が紹介されました.

前回の記事でご紹介したとおり,4/22(火)読売新聞朝刊の北海道版,「医療再生」の特集で更別村診療所が,そして私たち総合診療医(家庭医)が紹介されました(リンクはこちら → 4/22(火)読売新聞 北海道版).

住民の皆さんと医療の最初の接点で必要な医療を担うのが私たち総合診療医(家庭医)です.総合診療医(家庭医)が提供する医療サービスを「プライマリ・ケア」機能と呼ぶのですが,このプライマリ・ケアが日本では十分機能していない,それが故にたくさんの問題が噴出しているのが現状です.

住民の皆さんにその重要性・必要性を広く知って頂きたいですし,住民の皆さんの「プライマリ・ケアが,総合診療医が必要だ!」という声が医師を志す若者達に届いて欲しいと思っています.

0 件のコメント:

コメントを投稿

待ち時間について 〜 診療所かわら版2018年8月号より

更別村国保診療所の医師は、総合診療科(家庭医療科)を専門としています。総合診療科の特徴の一つとして、 乳児から高齢者まで 様々な年齢層の、 急性~慢性の病気やケガ等 多くの疾患や問題をかかえる患者さんを対象に、日常的な「かかりつけ医」としてあらゆる健康問題の相談にのっています。...