2013年6月17日月曜日

待ち時間調査を行います! 〜診療所待ち時間対策プロジェクトより〜

 6月17日(月)より,外来診療の待ち時間に関する調査を行います!
 対象は午前中診療所を受診し,医師の診察や処置を必要とする患者さんです.受付から診察室に入るまでの時間,診察室における診察時間,診察を終えてから会計を済ませるまでの時間,それらの時間に対する感じ方(長いと感じるか,長くないと感じるか?).
定期受診の患者さんと急なご病気による受診の患者さんによって違いはあるか?
診察をする医師を指定される患者さんとそうではない患者さんによって違いはあるか?
お薬の一包化(朝・昼・夕で薬を一袋にまとめること)のある患者さんとそうではない患者さんによって違いはあるか?
など,患者さんの待ち時間とそれに対する感じ方を規定する要因はたくさんあります.
これらについて広く情報を集めて,2013年度内に外来診療の待ち時間を改善するための戦略を練り,実行に移したいと考えております.
調査は私達職員が記載するアンケート形式ですが,一部職員から患者さんに質問させて頂く項目もあります.
どうかご協力よろしくお願い致します!

このプロジェクトの担当はムネカタ医師とタカハシ看護師とサトウ受付事務員!
良い情報が得られることを期待しています!

0 件のコメント:

コメントを投稿

毎週火曜日,帯広協会病院の研修医が研修に来ています.

 2018年4月より帯広協会病院の臨床研修医4名が毎週火曜日午後,外来診療の研修に来ています.  道内外の大学を卒業後,北海道・十勝に憧れて来てくれた仲間です.  受診される皆様の安全・安心を保つため,山田,安達がしっかり指導しておりますので,みなさまどうかご協力下さい. ...