2013年6月17日月曜日

待ち時間調査を行います! 〜診療所待ち時間対策プロジェクトより〜

 6月17日(月)より,外来診療の待ち時間に関する調査を行います!
 対象は午前中診療所を受診し,医師の診察や処置を必要とする患者さんです.受付から診察室に入るまでの時間,診察室における診察時間,診察を終えてから会計を済ませるまでの時間,それらの時間に対する感じ方(長いと感じるか,長くないと感じるか?).
定期受診の患者さんと急なご病気による受診の患者さんによって違いはあるか?
診察をする医師を指定される患者さんとそうではない患者さんによって違いはあるか?
お薬の一包化(朝・昼・夕で薬を一袋にまとめること)のある患者さんとそうではない患者さんによって違いはあるか?
など,患者さんの待ち時間とそれに対する感じ方を規定する要因はたくさんあります.
これらについて広く情報を集めて,2013年度内に外来診療の待ち時間を改善するための戦略を練り,実行に移したいと考えております.
調査は私達職員が記載するアンケート形式ですが,一部職員から患者さんに質問させて頂く項目もあります.
どうかご協力よろしくお願い致します!

このプロジェクトの担当はムネカタ医師とタカハシ看護師とサトウ受付事務員!
良い情報が得られることを期待しています!

0 件のコメント:

コメントを投稿

待ち時間について 〜 診療所かわら版2018年8月号より

更別村国保診療所の医師は、総合診療科(家庭医療科)を専門としています。総合診療科の特徴の一つとして、 乳児から高齢者まで 様々な年齢層の、 急性~慢性の病気やケガ等 多くの疾患や問題をかかえる患者さんを対象に、日常的な「かかりつけ医」としてあらゆる健康問題の相談にのっています。...